承認プロセスにおいて「割り当て先」でないユーザが承認できてしまう問題

概要

承認プロセスの承認ステップで「割り当て先」に設定されているユーザ以外に、下記ユーザも承認者となることが可能

  • 「すべてのデータの編集」権限を有するユーザ(≒システム管理者)
  • オブジェクトに対する「すべて変更」権限を有するユーザ

参考:https://help.salesforce.com/articleView?id=approvals_considerations_approver.htm&type=0

「割り当て先ユーザ(Assigned To)」でないユーザが何故か「承認者(Approver)」になっているという場合は、大体これが原因

解決策

「システム管理者」プロファイルが多くのユーザに割り当てられている場合は、適切に制限する。

オブジェクトに対する「すべて変更」チェックボックスからプロファイルから外した上で、共有ルールで「全ての内部ユーザ」の当該オブジェクトのレコードに対する「Read/Write」権限が付与されるように設定する。

Salesforce

Posted by regardie