ドメイン移管時のリダイレクト設定まとめ(※Xserver利用)

概要

社名変更やサービス名変更に伴うサービスサイトURL変更時のリダイレクト設定について備忘録的にまとめておきたいと思います。

結論から言うと、ドメインプロバイダが提供しているサイト転送設定ではhttp://~から始まるアドレスしかリダイレクトの対象とならない(=https://~にアクセスしてもリダイレクトされない)ため、私は個人保有しているサーバーで.htaccessファイルを利用して転送設定を行いました。

ユースケース

社名・サービス名をcatからnekoに変更する際に、下記のリダイレクト設定を行う

■コーポレートサイト

http://cat.co.jp → https://neko.co.jp

https://cat.co.jp → https://neko.co.jp

サービスサイト

http://cat.com → https://neko.com

https://cat.com → https://neko.com

前提として知っておくべきこと

ドメインプロバイダが提供しているサイト転送設定でリダイレクトの対象となるのは http://~から始まるアドレスのみ

参考:「お名前.com 転送Plus」

リダイレクトの設定方法(※Xserverの場合)

  1. Xserverの「サーバーパネル」にログイン
  2. 「ドメイン設定」で古いドメイン(=転送元にしたいドメイン)を登録
  3. 「.htaccess編集」で下記コードを設定(※"https://neko.co.jp"の部分を転送先アドレスに置き換える)
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_AllCacheMode
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteRule .* https://neko.co.jp [R=301,L]
</IfModule>

Other

Posted by regardie