ナレッジ内の画像(リッチテキストエリア内の画像)の仕様について

前提

ナレッジに画像を添付する方法は以下の四つ

  • ファイル
  • メモ&添付ファイル
  • 「ファイル」カスタム項目(※ナレッジ限定のデータ型)
  • リッチテキストエリア

今回は「リッチテキストエリア」に画像を挿入した場合の仕様について確認していく。

挿入された画像の行き先

「ファイル」関連リストで挿入された画像データが↓のContentVersionに行くのに対して

https://developer.salesforce.com/docs/atlas.ja-jp.api.meta/api/sforce_api_erd_content.htm

リッチテキストエリアに挿入された画像は↓のDocumentに行く。

https://developer.salesforce.com/docs/atlas.ja-jp.api.meta/api/sforce_api_erd_documents.htm

「ファイル」と違って不便な点

リッチテキストエリアに挿入された画像は、「ファイル」と違って、画像の一元管理ができない。

つまり、「特定のページでアップロード済みの画像の一覧を確認する」とか「バージョン管理を行う」とか「画像ごとのアクセス権の管理を行う」とかいったことは一切できない。

またちなみに、<img>タグのsrc属性で外部URLを指定してSalesforce外部のリソースを読み込むといったこともできないため注意が必要です。

データローダを使ってナレッジ(リッチテキストエリア)内の画像を一括挿入する方法

こちらの公式記事を参照

Salesforce

Posted by regardie