フローの「チェックボックスグループ」について

基本仕様

基本は「選択リスト」や「複数選択リスト」と同じ。チェックをつけた選択肢の値が変数に格納されるという仕様。

重要なポイント

チェックボックスグループの「コンポーネントの種類」として"チェックボックスグループ"と"複数選択リスト"の2つが選択可能である。

前者(チェックボックスグループ)の場合、結果は"テキスト"として扱われる。

後者(複数選択リスト)の場合、結果は"複数選択リスト"として扱われる。

この2つの相違は、「チェックが付けられたかどうか」の条件分岐をする際に影響してくる。

チェックが付けられたかどうかの条件分岐のやり方

・チェックボックスグループの場合

↓画面コンポーネントの変数は"テキスト"型であるため、(INCLUDES関数ではなく)CONTAINS関数を利用する

CONTAINS({!CheckboxGroup_Test},{!Option1})

・複数選択リストの場合

↓画面コンポーネントの変数は"テキスト"型であるため、(CONTAINS関数ではなく)INCLUDES関数を利用する

INCLUDES({!CheckboxGroup_Test},{!Option1})

Salesforce

Posted by regardie