プロセスビルダーとフローの組み合わせ方

執筆の背景

この記事は「Salesforce Advent Calendar 2019」の10日目の記事です。

こんにちは、りがるでぃ🍀です( ˙꒳˙ᐢ )

今回は、「プロセスビルダーとフローの組み合わせ方」について書いていきたいと思います(ර⍵ර)✧

執筆動機は、σ(。・ω・。) がSalesforce歴2週間くらいの頃、実業務でプロセスビルダーとフローの組み合わせの必要に迫られ、その際「プロセスビルダーとFlow Builder の機能を組み合わせる」のTrailheadを読んでも流れがなかなか理解できなかった体験にありますっ(⊃`・ω・∩)シュッ

プロセスビルダーとフローを結びつけるユースケースとして多いかもしれないパターン

特定のレコードの作成・更新を発火点として、親子関係にない別のオブジェクトのレコードを絡めたロジックを組む

プロセスビルダーとフローを組み合わせる流れ(今回は流れを分かりやすくするために、「フロー変数」の作成を冒頭に持ってきています。)

①プロセスビルダーの情報を格納するためのフロー変数をフロー側で事前に準備する。
②プロセスビルダーを作成。フローに引き渡したいレコードの情報をフロー変数に渡す。
③フロー変数で引き継いだプロセスビルダー側の情報を使用してフローを組む。

実際の例(以下のシナリオに沿って、作成していきたいと思います。)

金額2000万以上の商談レコードが作成された際、当該商談の取引先の種別が危険顧客である場合、今回の商談および取引先を参照する与信審査レコードを自動作成するロジック組む

手順1:プロセスビルダーからフローに商談レコードの項目情報を引き渡すためのフロー変数を事前にフロー側で作成する。

1.新規「自動起動フロー」を作成し、「ツールボックス」の「マネージャ」から「新規リソース」をクリック。データ型は「テキスト」を選択し、フロー外部での可用性の「入力で使用可能」にチェックを入れる。(※これでフローの外部であるプロセスビルダーにおいて、フロー変数に情報を「入力」することが可能に)

※今回はレコードID・参照取引先レコードIDの二つをフローに引き渡したいので、レコードIDを格納するためのフロー変数と参照取引先レコードIDを格納するためのフロー変数をそれぞれ作成します。

2.一旦、フローを保存する

手順2:プロセスビルダーを組んで、渡したい情報をフロー変数に格納する

1.こんな感じにプロセスビルダーを組みます。

内容解説

①商談レコードの「作成」時のみ、このプロセスビルダーは発動する

②商談金額2000万以上の場合のみ、アクションへ

③フローアクション発動。その際、起点となった商談レコードの「レコードID」と「参照先の取引先レコードID」をフローで定義した「フロー変数」にそれぞれ格納。

2.作成したプロセスビルダーを保存・有効化

手順3:与信審査レコードを作成するフローを作成する

1.こんな感じのフローを組みます。

内容解説

①プロセスビルダーの起点となった商談レコードの「参照先取引先ID」にIDが一致する取引先レコードの取得

※条件:ID==「フロー変数(プロセスビルダーの起点となった商談レコードの参照先取引先IDが格納された変数)」

②取得した取引先レコードの種別が「危険顧客」かどうかを判定

③プロセスビルダーの起点となった商談レコードとその参照先の取引先レコードをそれぞれ参照する与信審査レコードを自動作成するコンポーネントを作成

※項目の値設定:

参照先取引先ID==「フロー変数(プロセスビルダーの起点となった商談レコードの参照先取引先IDが格納された変数)」

参照先商談ID==「フロー変数(プロセスビルダーの起点となった商談レコードのIDが格納された変数)」

2.フローを保存・有効化

Salesforce

Posted by regardie