WebToLeadなどのフォームにreCAPTCHAを設定する

前書き

シナジーマーケティングさんの神記事「【Salesforce虎の巻】今すぐできるスパム対策!フォームにreCAPTCHAを導入しよう!」の内容がGoogleのUpdateの影響で古くなってしまっていてので、今回改めて記事化しました(´・ω・`)ノ

流れ

①Google reCAPTCHAにドメインを登録

②Salesforceに「reCAPTCHA API キーのペア」を登録

③WebフォームにreCAPTCHAを埋め込む

手順1:Google reCAPTCHAにドメインを登録

http://www.google.com/recaptcha/adminにアクセスする

②下記必要情報を入力して「送信」をクリック

ラベル好きな名前を入力(※何でもOK)
reCAPTCHAタイプ任意のバージョンを選択
ドメインWebフォームを埋め込む(=reCAPTCHAを設置する)サイトのドメインを入力

③発行されたサイトキーとシークレットキーをそれぞれメモる

手順2:Salesforceに「reCAPTCHA API キーのペア」を登録

①設定>機能設定>マーケティング>Web-to-リードから「Web-to-リードフォームの作成」をクリック

②「reCAPTCHA API キーのペア」右側の虫眼鏡マーク>「新規」の順にクリック

③下記必要情報を入力して「保存」をクリック

APIキーペアのニックネーム好きな名前を入力(※何でもOK)
サイトキー手順1で取得したサイトキー
秘密手順で取得したシークレットキー

手順3:WebフォームにreCAPTCHAを埋め込む

①後はいい感じに埋め込む。

方法1:ReCAPCHAを有効化した場合、WebToLeadフォームに追加されるコード二つを上手くコピペする

<script src="https://www.google.com/recaptcha/api.js"></script>
<script>
 function timestamp() { var response = document.getElementById("g-recaptcha-response"); if (response == null || response.value.trim() == "") {var elems = JSON.parse(document.getElementsByName("captcha_settings")[0].value);elems["ts"] = JSON.stringify(new Date().getTime());document.getElementsByName("captcha_settings")[0].value = JSON.stringify(elems); } } setInterval(timestamp, 500); 
</script>
<div class="g-recaptcha" data-sitekey="サイトキー"></div><br>

方法2:サイトキーを利用して自分でコード書く

おすすめ参考サイト:「Google reCAPTCHA の使い方(v2/v3)」

Salesforce

Posted by regardie