GoogleDriveの「フォルダのアップロード」の挙動

前書き

GoogleDriveではファイルの他に「フォルダのアップロード」の導線を利用することで、(ファイルを含む)フォルダを丸ごとアップロードすることが可能です。

今回、この機能を利用して階層構造のフォルダをまとめてアップロードしようとしたところ、想定通り動作しなかったため、記録として残したいと思います。

こちらの想定と実際の動作

■想定

↓のような階層構造を持ったフォルダ(の階層1)を「フォルダのアップロード」からアップロードすると同じ階層構造を持ったフォルダ群がGoogleDriveにそのままアップロードされる。

■実際の動作

以下のように歯抜けの状態でフォルダがアップロードされた

問題の原因と「フォルダのアップロード」の仕様

■原因

アップロード時に落ちてしまったフォルダとそうでないフォルダの違いは、その下にファイルが一つ以上存在するかどうかでした。

■結論(「フォルダのアップロード」の仕様)

GoogleDriveの「フォルダのアップロード」からフォルダをアップロードした場合、配下のフォルダに関してはファイルが1つ以上紐づいているものだけがアップロードされ、配下にファイルが存在しないフォルダについてはアップロード時に勝手に落ちてしまう仕様のようです。