Gmailに来たメールを自動でSlackに転送する方法

前書き

方法は大きく以下の2つです。

  1. メール転送(Slackのメールアドレス発行機能を利用してGmailからSlackのメールアドレス宛てに転送する)
  2. API連携(Gmail側でGASを書いてSlackのIncomigWebhooks宛てにHTTPリクエストを飛ばす)

それぞれざっくり紹介していきます。

1. メール連携(※おすすめ)

①Slackで転送先に指定したいチャンネルを選択し、右上の「!マーク」をクリック

②「More>Send emails to channel」の順にクリック

③転送先メールアドレスをコピーする

===↑Slack側の設定 / Google側の設定↓===

④Gmailで「歯車ボタン>メール転送とPOP/IMAP」の順にクリック

⑤「転送先アドレスを追加」から③で取得したメールアドレスを追加

⑥上記画面で更に「フィルタを作成」をクリック

⑦適切なフィルタの条件と条件一致後の処理をそれぞれ設定し、「フィルタを更新」をクリック

2. API連携(※非推奨)

基本的にAPIでの連携は、「単に転送するだけでは不足で、何らかの処理を行ったうえで、その処理が成功した場合にのみメールを送信したい」というケースでのみ実装されることが望ましいです。その他の場合は、クリックベースでのメール転送による連携が可能であるため、メンテナンス性の低いGASでの実装はアンチパターンとなります。

というわけで、具体的なやり方を↓に記載します。

①Slackのメニューから「Apps」をクリック

②"Incoming Webhooks"で検索し、「Add」をクリック

③遷移先のブラウザ頁で「Add to Slack」をクリック

④自動通知連携を行いたいチャンネルを選択し、「Add Incoming Webhooks Integration」をクリック

⑤出力されたWebhook URLをコピー

===↑Slack側の設定 / Google側の設定↓===

⑥Google Driveで「新規>Google Apps Script」の順にクリック(※Google SpreadsheetからGASを作成すると、当該のSpreadsheetと紐づいたGAS=コンテナバインドのGASになってしまうので注意)

⑦↓のようなコードを記述する(※以下の例ではラベルの振り分けをフィルタによって事前にGmail側で自動で行い、GAS側ではそのラベルによってクエリに対象を判別しています。)

function QueryGmail() {
  
  //変数準備          

  var query_condition = "label:Slack連携/未処理";
  const values = [];
  
  //処理対象メール取得
  var threads = GmailApp.search(query_condition);
  var messages = GmailApp.getMessagesForThreads(threads);
  
  if(messages.length > 0){
    
    for(var i = 0; i < messages.length; i++) {
      for(var j = 0; j < messages[i].length; j++) {
        const subject = [
          messages[i][j].getSubject()
        ]
       //const subject = messages[i][j].getSubject()
        values.push(subject);
      }
      
      var label1 = GmailApp.getUserLabelByName('Slack連携/未処理');
      var label2 = GmailApp.getUserLabelByName('Slack連携/処理済');
      threads[i].removeLabel(label1);  
      threads[i].addLabel(label2);
    }
    sendPost(values);
  }
  
}

function sendPost(values) {
  var webhook_url = "⑤で取得したWebhookURL";
  var displayname = "Gmail自動連携";

  for (var i = 0; i < values.length; i++){
    var param = {
      "text": values[i] + '\n' + のメールが転送されました,
      "username": displayname
    };

    var res = UrlFetchApp.fetch(webhook_url, {
      method: 'POST',
      headers: {
        "Content-Type": 'application/json'
      },
      payload: JSON.stringify(param)
    });
  }
}

⑧左側のメニューから「トリガー」をクリックし、画面右下の「トリガーの追加」をクリック

⑨適当なタイミングを設定して、保存(※連携にリアルタイム性が求められるかどうかなど、そのつどの要件に応じてご設定ください。)