B2B Commerce Cloud(LEX版)の商品種別

概要

B2B Commerce Cloud(LEX版)には以下の二つの商品種別が存在します。

  1. 標準商品(Product)
  2. バリエーション商品(Variation Product)

それぞれ簡単に紹介していきますノ

標準商品(Product)

標準商品。特筆することはないかな~

バリエーション商品(Variation Product)

バリエーション商品。顧客がサイズ(S・M・L)や色(黒・赤・白)を選択して商品をカートに入れることができます。

VF版でいうところの「集合商品(Aggregated Product)」と「属性駆動型商品(Attribute Driven Commerce)」に相当する商品種別です。

VF版のADCと比較すると、バリエーションごとにSKU(≒商品レコード)が分かれていてとても偉い。

2021年2月現在の仕様だと、選択した属性値に基づいて画像を切り替える機能がない(=どれを選択しても常に画像が一緒である)点PLPに全てのバリエーションが表示されてしまう(=↓の画像を参照)点が、今後の要改善ポイントかなという印象です。

特に後者の仕様(=全バリエーションがPLPに表示される)は、前者の仕様(=どのバリエーションでも画像が一緒)とのコンボでなかなか凶悪です。

下の画像を見てわかる通り、白色のシャツであろうが黒色のシャツであろうが全て同じ青シャツの画像(=親バリエーション商品に設定した画像)になってしまいます。

関連記事

Salesforce

Posted by regardie