SalesforceオブジェクトPrefix一覧

18桁のSalesforceレコードIDの冒頭三桁はオブジェクトを一意に特定するものとなっており、その値は標準オブジェクトの場合、組織に関わらず一定です。

従って、以下の表を利用することでレコードIDのPrefixから標準オブジェクトを同定するが可能となります。

本特定の具体的なユースケースとしては、同一のParentIdが複数のオブジェクトを参照するTaskやEvent、Service Appointmentなどに関して、参照先が特定のオブジェクトである場合にだけロジックを走らせる際の条件指定などが考えられます。

リード00Q
取引先001
取引先責任者003
商談006
商談商品00k
品目名スケジュール00o
価格表エントリ01u
価格表01s
商品01t
見積0Q0
見積品目0QL
契約800
注文801
注文商品802
ToDo00T
行動00U
ユーザ005
ケース500
ナレッジ記事kA#
キャンペーン701
納入商品02i

Salesforce

Posted by regardie