Salesforce

方法

Developer ConsoleのQuery Editorで、Tooling APIを有効化し、下記コードを走らせると表示できます。

select DeveloperName, CreatedDate from Custo ...

Salesforce

前書き

Apexでバッチ処理をスケジュールしたい場合は、それ以前にまずスケジュールトリガフローによる実装を検討するようにしてください。

実装方針決定の目安は概ね以下の通りです。

フローApex一処理当たりの最大処理件数 ...

Salesforce

概要

数式項目を直接「積み上げ集計」項目で利用することはできないので、事前に一度カスタム項目に値をコピーしてあげる必要があります。

方法

①数式項目のデータ型と同一のカスタム項目を新規作成する

②データをコピーする ...

Salesforce

方法

一度有効化した承認プロセスに対して後から承認ステップを追加・削除することはできません。

従って、更新は下記の手順で行うことになります。

既存の承認プロセスをクローン
承認ステップを追加・削除
既存の承 ...

Salesforce

バッチ処理のベストプラクティス

基本的に下記が推奨

1時間当たりの処理レコード件数が1000件以下の場合は、スケジュールフロー

1時間当たりの処理レコード件数が1001件以上の場合は、ApexSchedulerか ...

Salesforce

権限セットなどで「参照のみ項目の編集」システム権限を与える。

以上。

Salesforce

前書き

「リード割り当てルール」を有効化しても、ApexやAPI経由で作成されたリードについてはルールが適用されない。

その場合は、database.DMLOptionsオブジェクトのassignmentRuleHeader ...

Salesforce

概要

みたいな話が昔(2020年1月頃)はありましたが、現在(2020年6月)は修正されているようです。

追記

デフォだとワークスペースに「ビルダー」と「管理」しか表示されないので、必要に応じて権限セットで「コミュニティを管理 ...

Salesforce

コメント

めちゃ簡単にできる。

CSR再作成とかは必要なければやらなくてもよいと思う。

流れ作成済の証明書署名要求(CSR)をSalesforceからダウンロード
CSRを認証局に提出し、認証局の署名付きSSL証 ...

Salesforce

概要

承認プロセスでのレコードロックを実装→条件を満たしている昔のレコードにも一括でレコードロックをかけたい

みたいなユースケースね。あるある。

方法

Setup>Process Automation Settin ...